医師事務作業補助者研修

真に活躍できる医師事務作業補助者

こんなお客様に最適です。

  • 外部研修の会場が遠方で、通うことができない。
  • 通常業務に支障が出ないよう、研修を院内で実施したい。
  • 院内での講師確保やカリキュラムを作成する余裕がない。
  • 配属先の診療科に重点を置いたカリキュラムで勉強させたい。
  • 研修に関する書類作成が面倒だ。
  • 医師事務作業補助者の現状と今後

    適切な教育と職場環境の整備が課題

    医師事務作業補助者の現状と今後

    2008年の診療報酬改定で誕生した「医師事務作業補助者」という職名。医療秘書、医療クラーク、メディカルアシスタント(MA)などと呼ばれ、全国の医療機関で導入が進んでいます。ただし、新設の職域として、その活躍が期待される一方で、職員間での認知の低さや患者や医師とのかかわり方など課題も多く抱えています。
    日本の医療業界にはさまざまな問題が山積していますが、その中でも病院勤務医の不足からくる過重労働は医療の質の低下につながる緊急な課題です。全国の医療機関に従事する医師事務作業補助者が、医師の事務作業を軽減するという本来の目的を十分に果たすことのできるよう、適切な教育と職場環境の整備が望まれます。

研修の特徴

講師を派遣し、院内での研修を行います。

日本教育クリエイトは、医師事務作業補助体制加算の要件となる32時間研修を院内で実施できるよう専任の講師を派遣しています。通常業務に支障なく、かつ参加者の皆さまの学習ペースが守られるよう、業務時間外での実施や研修回数の調整などにもお応えしています。また、32時間研修のうちの一部のみをご依頼いただくことも可能です。

配属先の診療科や業務の範囲に合わせて、カリキュラムをカスタマイズします。

医師事務作業補助者が医師の負担軽減に貢献するためには、様々な知識と経験が必要です。ですから、医師事務作業補助者として初めに受ける32時間研修は、その後の成長を左右することになる重要な土台づくりを担っているといえます。日本教育クリエイトの研修は、配属先で必要とされる項目に重点を置き、実際に使用している書類を教材に取り入れるなど、現場で活かすことのできる実践的なカリキュラムで、真に活躍できる医師事務作業補助者の育成を目指しています。

第3者機関として研修の実施を証明します。

研修修了の証明は日本教育クリエイトがすべて行います。第三者機関として、申請時や監査時に必要な研修報告書一式をご提出させていただきますのでお役立てください。また、全過程を座学研修としているため、配置責任者様は別途書類を作成していただく必要がございません。

【研修報告書】

研修報告書、受講生名簿・出席簿(写し)、カリキュラム一覧、修了証明書、修了証(写し)を1冊にまとめた書類です。

表紙

①表紙

研修報告書として保存していただけるよう、研修に関する証明書類を1冊にまとめてご提出します。

研修報告書

②研修報告書

研修実施概要をまとめた報告書です。

受講生名簿・出席簿(写し)

③受講生名簿・出席簿(写し)

参加者の出席状況を記録した出席簿の写しです。研修実施日や時間、参加状況の証明となります。

カリキュラム一覧

④カリキュラム一覧

実際に行ったカリキュラムの内容を記載しています。

修了証明書

⑤修了証明書

参加した全職員が32時間研修を修了した証明書です。

修了証(写し)

⑥修了証(写し)

受講者個人に発行する修了証の写しです。

研修報告書のサンプルをダウンロード

講師派遣料

医師事務作業補助者研修(実施価格例)

実施時間 32時間  参加人数10名    64,000円から(1名あたり)

時間数・研修内容・実施場所により、別途費用が発生する場合がございます。
32時間のうち一部のみ実施する場合は別途お見積もりいたします。  

カリキュラム

医師事務作業補助者研修モデルカリキュラム (2時間×16コマ 32時間)

配属先の診療科や業務内容に応じて、カスタマイズしてご提案します。

医師事務作業補助業務と医療保険 医師事務作業補助の業務、医療保険制度
医療保険制度 労災、自賠責、介護保険
医療関連法規1 医療法、医師法ほか医療従事者に関連する法規等
医療関連法規2 公費(生活保護、感染症法、特定疾患治療研究事業等)
診療録の記載事項1 療養担当規則、診療録記載の基本事項、カルテの読み方等
診療録の記載事項2 退院サマリー、医療用語、診療記録の管理等
各種診断書、証明書、申請書1 医療の提供に関する文書
各種診断書、証明書、申請書2 書類作成実習(病状説明記録、退院療養計画書等)
医学一般1 知っておきたい検査、人体の構造(骨格、筋肉)
医学一般2 人体の構造(神経系、循環器系、呼吸器系)
医学一般3 人体の構造(消化器系、泌尿器系、内分泌系)
薬学一般 薬の作用、薬事法等関連法規
電子カルテ、オーダリングシステム 電子カルテ三原則、システム導入のメリット
事務補助の実践、DPC DPCの概要等
個人情報保護法、医療安全等 医療機関における個人情報の取り扱い、医療安全管理
医療提供のあり方、医療接遇 医療従事者としての接遇等

導入実績を見るお客様の声を見る