【介護】介護現場における新人研修の在り方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護現場における新人研修の在り方とは

新人に本当に身に付けてほしいマナーについて

 

 

こんにちは。日本教育クリエイト(三幸福祉カレッジ)研修講師です。

 

今よりも増して今後採用が難しくなる医療・介護業界。

そこに新しく入ってくる人をどのように育て定着させるかは一番の力の入れどころと言っても良いでしょう。

 

「新人研修を実施したが、現場での仕事内容とのマッチが今一つだった」

「ビジネスマナーは大事だが、現場ではあまり使わない」

こんな感想を持たれる方は多いのではないでしょうか?

 

新人研修の一般的な内容といえば

「社会人基礎力」

「ビジネスマナー」ですが、

 

医療や介護の現場で発揮してほしい、社会人基礎力やマナーとは一体どのようなものでしょうか?

 

まずは、マナーについてです。この業界での難しい点は、安に丁寧な動作や言葉遣いが求められているわけではないという点です。

ホテルなどのサービス業で求められる接遇では違和感を感じるのはなぜでしょうか。

 

なぜなら病棟や施設という場所が、ご利用者にとって「特別な非日常」ではなく「生活の場」であるからです。

したがって、サービスを提供するお客様であるという側面を維持しながら、同時に家族のような親しみやすさも兼ね備える事が求められてくるのです。

 

どちらかに偏ると、「よそよそしい感じでくつろげない、毎日合っているのに他人行儀」と捉えられたり、

一方で親しみやすさだけでは、「馴れ馴れしくて失礼」と捉えられたりします。

 

また、ご家族との対応には、一般のビジネスマナーのように基本的なマナーが必要となります。

 

では親切できちんとしているのに、親しみやすさを感じるマナーとは何か。

実は、基本にちょっとした、コツと心がけをプラスするだけで、実現できるのです。

 

自社で介護施設をいくつも運営する中で開発された新しく現場に入る方々に身に付けてほしい、

社会人基礎力や医療・介護の心、現場でのマナー。

これらをプログラムしたのが私達の提供する 【医療・介護施設向け 新人研修】です。

 

ご興味のある方は、下記にて、テキストの一部をご覧いただけます。

 

また、下記より、人数や時間をご入力いただくと、無料でお見積りの相談をさせていただけます。

 

導入いただいた施設からは

「現場に即していて、すぐに使える内容だった」

「新人の頃に教育しないと、後から治すのは難しいと感じていた」

「現場を分かっていると思える研修内容だった」

と感想をいただいております。

 

もちろん施設の理念や、目標に合わせた内容のカスタマイズも可能です。

是非、一度お問い合わせください。

 

新人研修について詳細はこちら

 

お問い合わせ・資料請求はこちら

■筆者紹介

NoImg

  • 医療機関・病院の研修なら医療機関専門研修
  • 介護施設・事務所の研修なら介護施設専門研修
  • 保育施設の研修なら保育施設専門研修