たった2年で5億円の収支改善
DPCデータを経営改善につなげる3つの視点

DPCデータを活用した
病院経営改善セミナー

全2回:オンラインで開催

第1回:9月21日(水)15:00~16:30
終了しました
第2回:10月26日(水)15:00~16:30→現在募集中

※2回目からでも問題なくお申込みいただけます。
2回目からお申込みの方は1回目のテキストをお渡し致します

【講師】株式会社DiLuca
代表取締役 髙村 松世 氏

お申込み

【講師】
株式会社DiLuca
代表取締役 髙村 松世 氏

主催:株式会社日本教育クリエイト

〈参加特典〉
・セミナーで使用するテキスト
・見逃し配信動画

申込者全員にプレゼント

お申込み

病院経営の現状と
今後必要なこととは?

人口減少や患者の高齢化、医療技術の進歩、診療報酬のマイナス改定、そしてコロナ禍による外来患者所現象等、病院経営を取り巻く環境は大きく変わってきています。
また、公立・公的病院においては、現在のような補助金が出続ける保証もなく、病院経営に対し何らかの対策が必要となってきます。
このような状況下、今後の病院経営を健全化する一つの手法に「DPCデータ」の活用があります。
DPCデータは、病院の経営体制がわかってしまう、いわゆる病院のプライバシーデータに該当するものです。
このデータを活用して経営改善に役立てる動きが出てきています。

本セミナーでは、DPCデータを活用し、たった2年で5億円の収支改善を成し遂げた実績を持つ高村様にご講演いただきます。
これまで自己流でされていた病院様も、3つの分析の視点を理解することで自施設で何に取り組む必要があるか、が明確になります。

こんな人にオススメ!

  • DPC分析ができる人材がいない
  • データは上がってくるが経営に活用されていない
  • 活用の仕方は今一つ分からない

上記のお悩みがある方、まずは無料のセミナーにご参加ください。

講師が実際に行ってきた成功事例もお話しいただきます。
皆様の職場でも、きっと役に立つはずです。

お申込み

セミナーのご案内

■事例から学ぶ病院経営改革

DPCデータの具体的な活用事例について解説いただきます。

セミナー開催日 10月26日(水)15:00~16:30
会場 ZOOMにて実施いたします
全国どこからでもご参加いただけます
準備物 ・インターネットに接続されたPC・タブレット・スマホ等の機器
・音声を聞き取るためのイヤホン(推奨)
講師 株式会社DiLuca
代表取締役 髙村 松世 氏
参加費 3,980円(税込)
主催 株式会社日本教育クリエイト

※参加申込をしていただいた方へのみ、参加用URLのお知らせをいたします。
※視聴に必要な環境(PC・スマホ・インターネット接続)のご準備をお願いいたします。

どのような集計や可視化ができるのか
→事例①急性期機能の指標で自院の立ち位置を知る
→事例②MDC別地域シェア率の2か年変化と他病院比較
□DPCデータを経営に活用した事例

お申込み

その他のセミナー

■病院経営改善セミナー

セミナー開催日 9月21日(水)15:00~16:30
終了しました

〈セミナー内容〉
・どのようなデータが存在するのか
・データを分析する際の視点
・DPCデータと病院経営・マーケティングの関係

講師紹介

株式会社DiLuca

代表取締役髙村 松世氏

H3カネボウ株式会社鐘紡記念病院(現:神戸百年記念病院)
H22 三田市民病院
H26 加古川中央市民病院

医療機関で30年の実務経験があり、病院事務スタッフとして、医療事務業務のみならず診療情報管理士、医師事務作業補助業務、経営企画室、DPC分析などありとあらゆる業務を経験しております。
また、院長の右腕として経営マネージメントに携わり、病院の経営改善に貢献いたしました。

お申込み