介護施設向け階層別研修

新入職員研修(新卒・中途)

介護職・社会人としての心構えを理解し、基本スキルやマナーを身につけ、
現場で成長するための土台を作る

  • 新入職員がぶつかるのは、理想と現実のギャップです。
    介護現場は、「人」ありきの仕事の為、自分の思うように仕事が進むことが少なく、経験の浅い新入職員は、できない事ばかりが印象に残り、自身を失ってしまいます。それを乗り越えるには自分の選んだ介護という仕事の意義や価値、そして組織の目指す理念を明確に理解しておく事が大切です。また周りと協働して様々な困難を乗り越えるためには社会人としての健全な心構えやマナー等の社会人基礎力が欠かせません。新人研修でそれらを含めた研修を行い、仕事へのモチベーションを高めます。

    新入職員研修(新卒・中途)

こんなお客様に最適

  • 新入職員の定着率を上げたい
  • 現場着任前のモチベーションを上げたい
  • 問題に直面してもすぐに辞めずに解決思考を持った職員に育てたい

研修の特長

基本的姿勢の必要性を理解し、体験型のカリキュラムで基本行動を身につける

介護施設の目指す姿や理念を行動のコンパスと捉え、共有していきます。その上で社会人としての仕事の基本的姿勢(意欲、明るさ、素直さ等々)がなぜ必要かを納得し、基本行動「あいさつ、言葉使い、振る舞い、報連相、マナー」を体験型のカリキュラムで身に付けます。全てにおいて介護施設でのケースや事例を使用し、医療現場に特化したプログラムを作成、さらに介護施設様ごとのご要望も取り入れてオリジナルのカリキュラムを作成します。

フォローアップ研修の実態で、定着率を高める

新入職員は日々失敗にがっかりしながら成長しますが、経験が浅いと、失敗ばかりに目がいき、自信を失ってしまい、それが離職へとつながります。その離職を防ぐためにも、フォローアップ研修を実施し、「できること」に目を向けることが、新人の離職防止には必要です。

プログラム内容例(推奨時間:3時間~)

※ご希望の研修時間に応じて、プログラムをご提案します。

働く意欲を高める
  • 学生とビジネスパーソンとの違いを理解し、介護スタッフとして自覚をもたせる
  • 理念を共有し、自分が働く職場を理解する。理念に基づく行動指針を考える
新入職員に求められる基礎スキルを学ぶ
  • 新入職員として働くうえで基本となる(あいさつ・報告の仕方・指示の受け方・介護施設で求められる接遇・モラル・コミュニケーションなど)を学ぶ
信頼されるスタッフとは何か
  • ご利用者に安心感を与えられるスタッフとはどのようなスタッフか考える
  • 態度、立ち居振る舞い、言葉遣いなど、ご利用者から信頼されるスタッフになるために必要な要素を学ぶ

新入職員の定着率を高めるには、新入職員のマインドセットと現場担当者の育成力の強化が重要です。

新人職員研修+教育担当者育成研修

受講者の声

  • これから仕事をする場面を具体的に想像することができ、その際の対応方法や言葉づかい、態度に関しても学ぶことができた。今回の研修で、学生から社会人としての意識をしっかりと学んだので、社会に出ても恥ずかしくないような大人になれたらと思っている。
  • マナー、コミュニケーション、報連相や自他の印象の重要性を学ばせて頂いたき、気持ちをどのように表現すれば正しく伝わるのかを知る事ができた。
    自分の選んだ医療職という職業の社会的意義を再認識し、不安もありますがこれからの仕事へのモチベーションがたかまりました。

研修に関するお問い合わせ

ご予算やスケジュールに応じて
最適なプランをご提案いたします。

0120 - 308 - 870受付時間:平日 9:00~17:45

お問い合わせ・資料請求